【建造物を魅る】

歴史ある建造物。近未来的な建造物。様々な建造物。
その時代、その時に、目的を持って造られた建物には人を魅了する力がある。

 

「首都高速大黒JCT」

日本でも一、二を争う複雑な構造をするジャンクションには首都高速一のPAがある。

大黒PA、大黒埠頭出入口、湾岸線、神奈川5号大国線が交わる事で生まれた。

 

市政会館日比谷公会堂

日比谷のシンボルとして親しまれる時計塔と茶褐色のタイル張りのクラシックな建物。

昭和4年、市政会館は日比谷公会堂とともに日比谷公園の南東の一角に誕生した。

 

「首都高速両国JCT」

首都高速6号向島線から首都高速7号小松川線が分岐する両国ジャンクション。

建造物の大半が隅田川上にあり、橋梁部分は「両国大橋」と呼ばれている。

 

「湯島聖堂」

湯島聖堂は、JRまたは東京メトロの御茶ノ水駅を出て徒歩2分ほどの地にある。

孔子を祀る廟所として国指定の史跡。現存する数少ない孔子廟では最も有名である。

 

「東京タワー」

東京を代表する建造物「東京タワー」。高さ333メートル(海抜351メートル)。

「東京タワー」という名前は、実は愛称であり、正式な名称は「日本電波塔」という。